ややポジ道

100%ポジティブではなく、ネガティブとポジティブの真ん中の、中庸からややポジティブよりの道をまっすぐ進むことを目指し、日々のことを書いていきます。

シャスタへの旅 2日目 前半 (シャスタ山・ハートレイク・キャッスルレイク)

f:id:magenta333:20170729211210j:plain 

スサナさんの愛情溢れる朝食の後、あらかじめ仁美さんから教えていただいた場所、ハートニクスさんのリトリートで行く場所以外でお勧めの場所があるか伺いました。  

すると、スサナさんから 「シャスタに来た目的は?」と。  

私は「本来の自分自身に戻るため、アセンションのためです」と答えました。  

スサナさんは、「そうよね、そうしたらね外にはないの、いろいろ欲張らずにね」と。  

 

せっかくシャスタに来たんだから、いろんなところに行きたいって思っていました。でも、スサナさんの言葉で、どこかに行くことが私の目的ではないとはっと目が覚めました。シャスタで、シャスタのエネルギーを感じ、内なる声と対話がしたいんだと。

 

まずシャスタ山にご挨拶をしに行き、その後キャッスルレイク、ハートレイク、スウェットロッジに行くことにしました。  

あまり欲張らずにとアドバイスをいただいているのに、結構欲張りました笑 

 

ハートレイクは、初めて行く場合、ガイドがいないと道に迷ってしまうかもしれないと言われました。なので、もし1人で行くなら、お昼頃から登り、下山してくる人にハートレイクの方向を尋ねるといいとアドバイスをいただきました。

 

 シャスタ山

f:id:magenta333:20170729202001j:plain 

 

駐車場にはスキー板を担いでいる人が結構いて、後から知りましたが、シャスタ山を目の前にして左側にトレイルがあり、そちら側はキャンプ等をする人達が行くそうです。パンサーメドゥズはシャスタ山を目の前にして右側の道です。スキー板を担いでいる人達は皆左側のトレイルへ行っていました。

   

ここで、シャスタ山に向かって、シャスタに来られたことを感謝し、これからの旅行が全て最善最適でありますようにとお願いをいたしました。 

 

12時半頃キャッスルレイクへ向かいました。5.6年前は静かなところだったそうですが、今は(2017年7月)キャンパーで人がいっぱいでした。日が落ちる前に下山したかったので、キャッスルレイクを横目にハートレイクを目指しました。  

 

ハートレイクに行くトレイルに行くこと自体、とまどったので、これから行く方が迷わないようにトレイルの入口について書きます。

 

キャッスルレイクの駐車場を通り抜け、キャッスルレイクを右手に進んで行きます。

 

f:id:magenta333:20170729203224j:plain

 

 この道を進むと小川があります。 

 

f:id:magenta333:20170729203331j:plain

 

 初めはここに人がいなかったので、まさかトレイルになっているとはわかりませんでした。

 

高橋名人(古いよね、、)のゲームのように石を渡りここを通り抜け、キャッスルレイクを右手にどんどん道なりに進んで行きます。 

 

途中分岐点があります。なんとなく行くと左に行ってしまうので、右側前方へ進んでください。 

 

そこには石の目印がありました。 きっとハートレイクに迷わないようにどなたかが置いてくださったのでしょう。

f:id:magenta333:20170729205614j:plain

 

ハートレイクへの道はこの写真にある道ではない方へ進みます。私は始め、この写真に写っている道をズンズン進みました。途中、なんだか違うという気がして、引き返し、写真に写っていない右側の道へ進みました。すると前方から下山する人に会いました。その方達にハートレイクへの道を知っているか尋ねました。すると、この道であっているとのこと。もう暫く頑張って行けば着くよと。自分を信じて しっくりくる方を選択してよかったです。

 

 さらに道なりに進むとまた、さっきと同じ積み重なった石がありました。 

それがあればこの道であっているということだと思います。 

もし迷ったら、右を選択。又は下山してくる人に尋ねるのが一番確実です。

 

そしてとうとう着きましたー! ここまで約1時間半。わんちゃん連れで来ている方もいて、日本の登山とは随分違うなぁと思いました。陽射しがとても強く、日焼けしたくない方は、日焼け止めと長袖をお勧めします。

 

f:id:magenta333:20170729210426j:plain