ややポジ道

100%ポジティブではなく、ネガティブとポジティブの真ん中の、中庸からややポジティブよりの道をまっすぐ進むことを目指し、日々のことを書いていきます。

ANAマイレージを使って飛行機代無料でシャスタ・セドナ・ハワイに行く方法 実践編 1

ANAマイレージ(以下「マイル」とします)を貯めるのに、ポイントサイトを使います。楽天でお買い物をするとき、「ハピタス」を経由してから、楽天でお買い物することをお勧めいたします。

 

マイルを貯める一番シンプルな方法は、下記3つのサイトを経由して、ポイントをマイルに交換します。

 

①【ハピタス】→ ②【ドットマネー】→ ③【メトロポイント】→【ANA】マイル

f:id:magenta333:20170730172422p:plain

このルートで交換ですると、【ハピタスポイント✖️0.9=マイル】 となります。

 

   例  【ハピタスポイント10,000✖️0.9=9000マイル】貯まります。

 

 羽田➡️沖縄の片道分の特典航空券が9000マイルです。ハピタスポイント10,000を貯めることは、思ったよりも簡単です。私は、2016年1月頃この方法を知り、2016年6月からハピタスでポイントを貯めるようになりました。2016年6月〜2017年8月現在で貯まったハピタスポイントは、54,340ポイントです。54,340✖️0.9=48,906マイル貯まりました。陵マイラーとしては少ない方ですが、やらないよりやった方が断然お得です。

 約1年2ヶ月で48,906マイル貯めたことになります。これをカード決済で貯めようとすると、489万円カード決済(100円=1マイル換算)する必要があります。

 ソラチカカードは年会費税込み2160円がかかりますが、それを上回るメリットがあるので飛行機で旅行に行きたい方にはお勧めです。

 ちなみに、ソラチカカードの方法を使ってマイルを貯める上限は、18,000マイル/月✖️12ヶ月=21万6000マイルです。21万6000マイルあると、東京ーハワイ(ホノルル)間の特典航空券に必要なマイル数は4万マイルなので、5回又は家族(5人)でハワイに無料で行くことができます。普通に往復航空券を購入すれば、10万円〜15万円なので、少なくとも約50万円分の価値があります。

 

1 ポイントサイト用に新しいメールアドレスを用意します。

 ポイントサイトからメールが届くので、プライベート用と分けた方が使いやすいため、新規又は現在使用していないメールアドレスをポイントサイト用に使用するのをお勧めいたします。

 

2 1のメールアドレスでハピタスに登録します。  

→こちらからハピタスに登録

 

 

    日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

(↑こちらから(黄色のバナーでも→こちらから「ハピタスに登録」のリンクからでもOK)ハピタスへ登録していただくと、登録時に100P貯まります!私もポイントが貯まるので嬉しいです^^こちらから登録せず、「ハピタス」で検索し、登録していただいてももちろん構いませんOK:) )

 

3 ハピタスで実際に買い物、銀行口座の開設、クレジットカードの申し込み、保険申し込み等をします。

 まず、ご自身で簡単にできそうなもの、興味があるものから初めてください。

(最初のステップはシンプルな方が続けることができるからです)

 お勧めは、 

 ・楽天 1%(購入代金の1%がハピタスポイント)

 ・yahoo!ショッピング 1%

 ・ハピタス堂 7%(本の購入にお勧め)

 ・ケンコーコム 3.6%(日用品の購入にお勧め)

 ・じゃらん  2.4%

 ・itunesストア 4.2%

 ・ユナイテッドシネマ  1.8%

 

 楽天のお買い物マラソンの時に買い物をすれば、お買い物マラソンのポイントも貯まり、クレジットカードのポイントも貯まり、ハピタスのポイントも貯まるという3重取りとなります。

 

 がっつりポイントを貯めたい方 (2017年8月現在のポイント付与状況)

 ・FX口座開設+取引 (例:DMM.com 18000ポイント)

 ・クレジットカード発行 (例:楽天カード 7000ポイント)

 ・銀行・証券口座開設 ( 例:住信SBIネット銀行 350ポイント)

 ・通信回線 (例:フレッツ光 10000ポイント)

 ・保険の無料相談 (例:ほけんのFP 7000ポイント)

 

 ポイント付与が大きいので、FXの口座開設+取引は魅力なのですが、私は取引までするのがめんどうでやったことがありません。

 クレジットカードの発行も私はしていません。クレジットカードを申し込む場合は、1ヶ月に1〜2枚程度が良いそうです。それ以上だと作りすぎとなり、審査が通りにくくなるそうです。

 私は過去、ネットの回線を変更する時に、ハピタスを経由すればマイルが貯まったのにと悔しい思いをしました、、、。(この現実も私が作ったんですけど、、。この時しっくりくる選択をしなかったんです。やっぱりしっくりくるものを選ぶのが一番だと思いました。)

 

 案件により異なりますが、ポイントが反映されるまでの期間は、平均して2〜3ヶ月かかります。

  なので、まずはハピタスを実際に使用して、ポイントが付与される間に、

ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード」の申し込みをする順番がいいと思います。もちろん、カードを先に申し込んで、ハピタスを登録するのでも構いません。

 

 

4 初めてANAカードを発行する場合、ANA公式「マイ友プログラム」へ申し込む

 

ANA公式「マイ友プログラム」へ

 

紹介者氏名と紹介者番号を入力する部分があるので、私にご連絡ください。

私でなくても、すでにANAカードを持っているご家族やご友人がいればその方にお声をかけてください。

紹介者・入会者ともに、最低500マイル付与されます。

 

5 ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)申し込み

  ソラチカカードとは、メトロポイントとマイルの相互交換が可能なカードです。

この「メトロポイント」→「マイル」 の交換レートが0.9倍と高レートなのです。

メトロポイントを貯めるには、地下鉄乗車でも貯まりますが、ハピタスポイントを貯めて、途中にドットマネーというポイントサイトを経由して、メトロポイントに交換することが可能です。

  

 例 メトロポイント10,000 → 9,000マイル(東京→沖縄 片道分🎵)

 

2017年8月時点では、ソラチカカードの申し込みは公式サイトしかありません。

最低1000マイル付与されます。

 

www.to-me-card.jp

 

To Me CARD は沢山ありますが、マイルへの交換レートが「To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)一般カード」 以外全て0.6なので、ソラチカカード(交換レート0.9)の申込をしてください。

・年会費 税込2160円(初年度無料)

・ポイントコースの選択

     f:id:magenta333:20170804095047p:plain

ここでいう「ポイントコース」とは、JCBのカード決済をすることで付与されるOkidokiポイントをマイルへ移行する時のコースのことをいいます。

 

(1)普段のカード決済を「ANA To Me CARD PASMO JCB」にする人

  「マルチポイントコース(10マイル)」を選択してください。

 ・クレジットカードを複数保有したくない人

 ・国内旅行が主な人

 

(2) 他のカードを決済に利用又は、現金で支払う人

  「マルチポイントコース(5マイル)」を選択してください。

 

お勧めのコースは、その方の目的によって異なりますが、

(2)「マルチポイントコース(5マイル)」です。

 

カードの決済は、ソラチカカードではなく、別のカードを使います。

 

⚫️ANAマイレージを買物でも貯めたい人

 →ANA VISA ワイドゴールドカード 又は ANA VISAカード(最終的にはANA VISA ワイドゴールドカードにする人)

ANA VISA ワイドゴールドカード

・年会費 税別14000円

・WEB明細+マイペイすリボの登録で9500円

マイレージ交換手数6000円無料

これらから、実質3500円が年会費といえます。

・最大で100円=1.3マイル

・継続時2000マイル付与

 

ANA VISAカード

・年会費税抜 2000円

・WEB明細+マイペイスリボ 年会費実質無料

・継続時1000マイル付与

マイレージ移行手数料 6000円

 

⚫️ANAマイレージはソラチカカードで貯める分でいい、デパートや買物のポイントも貯めたい人

楽天カード高島屋カード、エポスカード

 ご自身が普段使用しているカードをそのまま決済にご使用されると、ハピタス経由をすれば、ハピタスポイントも貯まり、カード決済でそのカードのポイントも貯まります。

 

 

以下、「マイル自動移行コース」と「マルチポイントコース」の説明をいたします。

 

⚫️「マイル自動移行コース」

 毎月のカード利用代金を自動でマイルへ移行するコースです。

 

メリット

・自分で手続きをしなくてもいい点

 

デメリット

・毎月ごとにOkiDokiポイントがマイルへ移行されるので、まとまったマイルが貯まる前に、マイルが失効してしまうおそれがある点

 

⚫️「マルチポイントコース」

自分のタイミングでマイルに移行するコースです。

 

メリット

・マイル失効のおそれが減る点

 

デメリット

・自分でOki Doki ポイントをANAマイルへ移行する手続きを行うため少し手間がかかる点

 

それぞれのコースには、

Oki Doki ポイント 1ポイント= 5マイル 又は10マイルのコースがあります。

 

10マイルのコースの場合、Oki Doki ポイントをマイルへ移行する時に年1回、5000円を支払う必要があります。マイル自動移行コース(10マイル)は、毎年1回、年会費とは別に移行手数料5000円がかかります。マルチ移動コース(10マイル)は、その年にOki Dokiポイントをマイルへ移行しなければ5000円はかかりません。ある程度OkiDokiポイントが貯まった又は、OkiDokiポイントが失効するときに、マイルへの移行手続きをし、その時に5000円を支払うことになります。

 

【10マイルコースの計算】

1000円カード使用 = Oki Dokiポイント 1ポイント

Oki Dokiポイント 1ポイント = 10マイル

 

という計算になるので、10マイルコースは、100円=1マイル

         

東京ー沖縄間の特典航空券には、9000マイル(レギュラーシーズン)必要です。カード決済だけでマイルを貯めると、90万円をカードで支払う必要があります。(ボーナスポイントもあるので、実際は90万円よりも少なくて済むかもしれませんが計算の便宜上)

 

 

長くなったので、続きはまた。 

 

f:id:magenta333:20170804090733p:plain